求人募集
  1. トップページ
  2. ブログ
ブログ

ブリッジによる治療例

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は、「ブリッジによる治療例」についてご案内させて頂きます。 保険診療で行える治療では使える材料が決まっています。 ブリッジによる治療もクラウンと同じで、前歯は硬質レジン前装冠、奥歯は金銀パラジウム合金を使用します。 現在は金属のほうが高価なため、奥歯でも、チカラのかかる両端だけを金属にして、人工の歯の外から見える部分をレジンでつくることが一般的で、なくした歯が1本の場合、中心の歯は白、両側の歯は銀色で行います。   ブリッジの治療例 続きを読む

人工歯の種類

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は、「人工歯の種類」についてご案内させて頂きます。 一般的に人工の歯には下記の3種類があります。 ①ブリッジ ②入れ歯(※差し歯を含む) ③インプラント ブリッジは失った歯の両隣の歯を削り、その2本を橋脚にして連続した被せ物で橋をかける方法です。 入れ歯による治療では、歯をすべてなくした場合は「総入れ歯」ですが、それ以外は「部分入れ歯」が一般的な治療方法です。 ブリッジや入れ歯が適用できない場合はインプラントに人工歯を適用します。 インプラント続きを読む

クラウンによる治療

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は、「クラウンによる治療」についてご案内させて頂きます。 クラウン(被せもの)での治療は、歯の根っこに「コア」と呼ばれる土台を形成します。 そして、そのコアの上にクラウンを被せる治療です。 土台をしっかりつくりその上にクラウンを被せますので、安定感があって外れにくい特徴があります。 現在は、差し歯の治療はほとんど行われず、差し歯と言えばクラウンによる治療を指します。 クラウンによる歯冠修復は、次の3回の治療で行います。 治療1回目 ①歯根の治療続きを読む

クラウン治療の種類

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は、「クラウン治療の種類」についてご案内させて頂きます。 クラウン治療の種類 メタルボンド ほかの歯と同じような色にしたい時は、セラミックのクラウンを使います。もちろん自由診療になるので、値段は跳ね上がります。 セラミッククラウンにはいくつか種類がありますが、もっとも一般的なのは「メタルボンド」といって、金合金などの金属にポーセレン(陶材)を焼きつけたものです。見た目はほかの歯と区別がつかないほど自然ですが、欠点もあります。歯ぐきが下がってくる続きを読む

差し歯による治療

差し歯による治療 神経を失った歯の修復はさし歯が一般的な治療法でしたが、現在ではクラウンによる治療に変わっています。 差し歯は歯の一部(例えば根っこ)だけでも残っている場合それを利用して、その上に人工の歯を作り装着する事である程度機能を回復することが可能です。この人工的な歯を「差し歯」と呼んでいます。 差し歯を作る工程は、歯髄(歯の神経)を抜き去った後に、歯が残っている場合はそれを削って歯ぐきに埋まっている根っこの部分の中心に穴を開け、人工の歯を差し込みます。 この方法は、残っている歯を削って切続きを読む

矯正治療のメリットと不正咬合の種類

歯は力を加えられた方向に移動する性質があります。 歯に矯正装置を装着し一定の力を持続的にかけて少しずつ動かし不正咬合を治すのが歯列矯正です。 矯正治療のメリット むし歯や歯周病にかかりにくくなります バランスのとれた顔立ちになります 人前で笑えるようになりコンプレックスを解消する事が出来きます 発音が明瞭になります 噛み合せが良くなり、顎の痛みや肩こり、頭痛、めまいなどが緩和します 治療の対象となる不正咬合の種類   叢生 (そうせい) 歯がねじれたり、重なり合ったりして歯並びがデコボ続きを読む

補綴治療(クラウン・ブリッジ)

本日は、岸和田・久米田の皆様に「補綴治療(クラウン・ブリッジ)」について」ご案内させて頂きます。 歯を人工物で修復し、その機能を補う治療を「補綴」(ほてつ)と呼んでいます。 補綴治療に用いる人工物は「補綴装置」と総称します。 補綴治療例 〇クラウン治療 C3以上のむし歯では根管治療を行う必要があり、歯冠部を大きく削るため、詰め物をはめ込むインレー修復では治療ができなくなり、クラウンという被せ物する治療を行います。 奥歯にもっともよく使われているのは、12%金銀パラジウム合金で、いわゆる銀歯がそれ続きを読む

むし歯がC3以上に及んでいる根管治療

本日は、岸和田の皆様に「むし歯がC3以上に及んでいる根管治療」について」ご案内させて頂きます。 むし歯(う蝕(うしょく))がC3やそれ以上まで進行したむし歯の治療法としてはクラウンやブリッジという治療方法を行います。 むし歯が歯髄(しずい:しんけい)に達したら、歯髄を取り除き、根管治療を行う必要があります。 根管治療とは 根管とは、歯の付け根にある歯髄(神経や血管)の入っている細いトンネルの部分で、その部分にある細菌などを綺麗に取り除く治療を根管治療と言います。 歯を削って神経を取り除き、抜髄(続きを読む

難易度の高い根管治療

本日は、岸和田の皆様に「難易度の高い根管治療について」お話しさせて頂きます。 根管治療とは 根管とは、歯の付け根にある歯髄(神経や血管)の入っている細いトンネルの部分で、その部分にある細菌などを綺麗に取り除く治療を根管治療と言います。 歯を削って神経を取り除き、抜髄(ばつずい)の根の中の空洞である根管内から細菌等をきれいに取り除き、根管充填材を詰め、蓋を被せる一般的な治療です。 抜髄は、まず局所麻酔をして、むし歯になっているエナメル質と象牙質を取り除き、歯髄を露出させ、針の先がらせん状になってい続きを読む

むし歯の進行度と初期の治療法

本日は、岸和田の皆様に「むし歯の進行度と初期の治療法について」お話しさせて頂きます。 むし歯の治療法は、主に進行度によって異なります。 しかし、う蝕(うしょく:むし歯)部分の大きさや状態、患者さんの年齢や生活環境、希望などは一人ひとり異ります。 例えば分類上は同じC2でも、Clに近いC2と、C3に近いC2では、むし歯の状態がかなり違います。この場合、前者はClの治療を行います。 後者はC3の治療に準じた内容になることもあります。 ●初期むし歯(CO) むし歯になりかけている状態ですので、削らない続きを読む

このページの上へ