求人募集
  1. トップページ
  2. ブログ
ブログ

子どもの矯正治療のメリット・デメリット

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 「子どもの矯正治療のメリット・デメリット」についてご案内させて頂きます。 子どもの矯正治療のメリット・デメリット 乳幼児での矯正は歯が生え始める乳歯列期(乳歯が生え揃ってから永久歯が生え始めるまでの期間:概ね6歳ぐらい)が対象とします。 ここでは予防的な矯正治療の一環として行ないます。 この時期に適切な処置や治療を行うことで、不正咬合や虫歯の発生を抑制することが目的です。 乳歯列期間においても特に重篤な症例に対しては徐々に治療を開始する必要がある場続きを読む

小児矯正歯科とは

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 「小児矯正歯科」についてご案内させて頂きます。 小児矯正歯科とは お子さまの綺麗な歯並びはご両親にとっても願うところですよね。 これはご両親さまの毎日の取り組みが大切が非常に重要です。 今回は、ご両親さまに小児矯正歯科についてご案内させて頂きます。 歯並びが良くなる子育ての秘訣や不正咬合と子どもさんの生活タイプを理解して、お子様に綺麗な歯並びを与えてことが可能です。 赤ちゃんは、生後6ヶ月頃から下の歯の前歯から生え始め、2歳半から3歳頃までに、上下続きを読む

歯が抜け時のアドバイス

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 歯が抜け時のアドバイスをご案内させて頂きます。 歯が抜け時のアドバイス むし歯や怪我・外傷などで歯が抜けた場合は、そのまま放置しては行けません。 抜けた歯を放置していると、周りの歯に悪影響を及ぼします。 隣の歯は横への支えが無くなり抜けた歯の側へ傾き、やがてその歯も抜けてしまう事もあります。又、下の歯が抜けた場合その上の歯は噛み合せをする歯が無くなり、下へ伸びて行き、これも又、抜けてしまいます。最悪、歯を全部失う事にもなる場合があります。 状態によ続きを読む

矯正歯科のページを更新しました。

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 矯正歯科のページを更新しましたのでご案内させて頂きます。   矯正治療による目的メリット 治療の流れ 1.相談・カウンセリング 2.検査 3.抜歯・虫歯治療 4.装置の装着 5.定期検診 6.保定装置の装着 7.治療終了 矯正装置の種類 ・メタルブラケット ・セラミックブラケット ・舌側矯正 ・アンカースクリュー ・マウスピース法 等をご案内しています。 詳しくは、こちらからご覧下さいませ ⇒ 院長 山本隆晴

入れ歯の清掃方法

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は、「入れ歯の清掃方法」についてご案内させて頂きます。 入れ歯の清掃方法 部分入れ歯も総入れ歯も必ずはずしてから清掃しましょう。部分入れ歯の場合、クラスプやバネの部分は小さい歯ブラシや歯間ブラシを使ってていねいにみがきます。力を入れすぎると、クラスプなどを変形させ、キズをつくる原因になるので、軽い力でみがきましょう。また、バネをかける歯も注意してみがきましょう。市販の入れ歯洗浄剤などを併用して使うと効果的に清掃できます。 入れ歯洗浄剤の使い方 続きを読む

「総入れ歯」と「部分入れ歯」について

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は、「総入れ歯」と「部分入れ歯」についてご案内させて頂きます。 「総入れ歯」と「部分入れ歯」について 歯の一部を無くしてしまった、または全部を無くしてしまった場合に、差し歯やブリッジなどの治療が有効でない場合は入れ歯が一般的です。 入れ歯は、「床」と呼ばれる土台の上に、取り外しが行える人エの歯である義歯のことをいいます。 歯が1本もない人用の「総入れ歯」と、歯がない部分だけを補う「部分入れ歯」があります。 入れ歯の制作 総入れ歯は、床が歯ぐきに続きを読む

ブリッジの治療の流れ

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は、「ブリッジの治療の流れ」についてご案内させて頂きます。 ブリッジの製作から装着まではクラウンと同じ流れですが、コアの作製と埋めこみがない場合、スムーズに進めば治療回数は2回で済みます。 1回目(初診) ・抜けた歯の両隣の歯を台形に削って型を取ります。 それをもとに歯科技工士の方が模型をつくり、模型に合わせてブリッジ作製を行います。 2回目  ブリッジができたら、再度受診して装着して高さや噛み合わせを調整し、装着感などにも問題がなければ、歯科続きを読む

ブリッジの治療の特徴

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は、「ブリッジの治療の特徴」についてご案内させて頂きます。 ブリッジ治療は保険診療と自費診療で行われます。 保険適用では、連続して2歯まで歯を失った場合、ブリッジを被せる土台の歯に、最低2年間は問題が出ないと診断された場合等の制約があります。 使用材質は硬質レジン前装冠が一般的で、これは表面のみ白いプラスチック製で銀色の被せ物が用いられます。 一方、自費診療で使える材料としてメタルボンド、オールセラミック、オールジルコニア、ハイブリッドセラミッ続きを読む

このページの上へ