求人募集
  1. トップページ
  2. ブログ
ブログ

岸和田市の皆様へ 歯周病が糖尿病に及ぼす影響について

糖尿病を持つ歯周病患者に、歯周病の治療を行うと、血糖値が改善したという報告が多数あります。 これは、歯周病が糖尿病を悪化させる要因の一つである可能性が極めて高いと言えます。 炎症時に歯周組織で増加したある特定のサイトカインが、血液を介して肝臓、筋肉、脂肪組織に運ばれ、インスリンの作用を邪魔して細胞内へのブドウ糖の取り込みを阻害し、血糖値を上昇させると考えられます。 したがって、糖尿病をもつ歯周病患者に歯周治療を行うと、歯周組織で分泌されるサイトカイン量が減少し、細胞内へのブドウ糖の取り込みが増し続きを読む

岸和田市の皆さまへ 歯周病と糖尿病について

歯周病と糖尿病について 前回ご案内した「歯周病と全身疾患の関係について」では様々な病気と歯周病が関連していることをご案内しました。 今回はその中でも「糖尿病」との関連について、ご案内いたします。 歯周病と最もかかわりがある糖尿病 関わりが判明している様々な病気や疾患の中で、歯周病に最も関わりが深いといわれているのが『糖尿病』です。歯医者で歯周病と診断されたのをきっかけに糖尿病が見つかるということも珍しくありません。 糖尿病になると身体の抵抗力が下がり、さまざまな合併症が起こります。糖尿病は合併症続きを読む

岸和田市の皆さまへ 歯周病と全身疾患の関わり(その3)

歯周病は口腔内、歯や歯茎、歯槽骨への悪影響だけではなく、様々な全身疾患との関わりが明らかになっており関連性が報告されている症状について、次のものがあります。 同じように歯周病による歯茎の腫れ・出血によって菌が血液に混入し血管を巡って、心臓病になると言われています。歯周病の患者は、通常の方の2~3倍心臓病になりやすい傾向にあり、その他にも糖尿病、早産、高血圧、食道癌、インフルエンザなどにも大きく関与していると言われています。 「風邪は万病のもと」と昔からの言い伝えがありますが、歯周病もこれほど多く続きを読む

岸和田市の皆様へ 歯周病と全身疾患の関係についてその2

前回に引き続き歯周病と全身疾患の関係についてご案内致します。 ③早期低体重児出産 早産や、体重2,500g未満の赤ちゃんを出産すること状況で妊婦は、ツワリによってお口の中の衛生管理が不十分になり、歯周病に罹りやすくなります。歯周病による炎症性物質がへその緒を通じて胎児に影響する為、早期低体重児出産の確率が高まると言われています。 ④誤嚥性肺炎 生理的機能の衰えにより、だ液や食べものが誤って肺に入り、そのだ液や食べものに含まれた細菌が引き起こす病が肺炎です。口の細菌の数が多い程、誤嚥(ごえん)も増続きを読む

このページの上へ