求人募集
  1. トップページ
  2. ブログ
  3. お子さまの歯みがきについて(6~12歳ごろ)
訪問歯科

お子さまの歯みがきについて(6~12歳ごろ)


前回は2~6歳頃のお子さまの歯みがきについてお伝えしました。
今回は6~12歳頃のお子さまの歯みがきについてご紹介いたします。

個人差はありますが、6歳になると乳歯の一番奥に第一大臼歯が生えはじめ、上下左右それぞれに第一大臼歯が生え揃うと、下の前歯から永久歯に生え変わってくるようになります。
6歳から8歳くらいのころは、どんどん乳歯から永久歯へ抜け替わっていき、だいたい12歳くらいには落ち着いてきて、第二大臼歯が生えて永久歯列が完成します。

生えたばかりの永久歯は歯の質が未成熟で、虫歯に対する抵抗力もとても弱く、また歯の交換時期であるために磨き残しが多くて虫歯になりやすい時期です。生えたての永久歯は軟らかく、まだ表面が未完成なので糖分の含まれる食べ物を食べたり飲んだあとそのままにしていると、お口の中が虫歯になりやすい状態になってしまいます。

この時期は一人ひとりの歯の質や唾液、食べ物の好み、細菌の量に加えて、歯みがきが上手にできているかどうか、つまり歯みがきの上手い下手がとても関係があります。
特に小学校低学年までは、本人だけではすみずみまで歯を十分に磨けないことが多いので、保護者が仕上げ磨きをしてあげることが大切です。またこの時期は歯みがきの習慣を定着させるよい時期でもありますので、食べたら磨くという習慣を身につけさせるようにしましょう。この歯は将来の歯並びを決めて行く上でとても重要な歯でもありますので、スキンシップも兼ねて保護者の方が磨けているか確認してあげてください。

8~12歳の間は、1日3回の歯みがき習慣が守られているかを確認するようにして、仕上げ磨きはしてあげましょう。子どもは一人ひとり成長するはやさが違うので、上記の年齢は一般的な目安として考えてください。お子さまがどの程度まで一人で歯みがきができるようになっているかを定期的に歯科医院で確認してもらうことも重要です。
そして徐々に仕上げ磨きの回数を減らし、きれいに磨けたかどうかを確認する「仕上げチェック」に移行していきます。このとき、チェックしてみて、汚れがまだ残っているようなら、自分で磨き直しをさせましょう。
使いやすさを考え、子ども用サイズの歯ブラシを使うようにしましょう。お子さまの好みの色やデザインの歯ブラシなら、毎日の歯みがきにやる気を起こさせる効果もあるでしょうし、子ども用の電動歯ブラシも販売されているので、どのような製品がお子さまに適しているかについては、歯科医師でアドバイスをもらうとよいでしょう。
また、虫歯などのトラブルがなくても、歯科医の定期検診を受けさせましょう。定期的に口の中をチェックしてもらったり、ブラッシング指導を受けたりすれば、子供の歯磨きに対するモチベーションアップにつながるでしょうし、この時期は噛み合わせや歯並びも少しずつ変化する時期ですので、不調があれば早期発見につながります。

お子さまの成長にあわせて保護者の方も歯みがきへの対応を臨機応変に変えていくことが重要です。

このページの上へ