求人募集
  1. トップページ
  2. ブログ
ブログ

歯が欠けてしまったらどうするの?その2

前回の記事では歯が欠けてしまう要因や、それに伴う影響と前歯が欠けた場合の治療についてご説明致しました。 今回はその続きになります。 臼歯の欠損 臼歯の歯冠部の欠損に関しては、審美性よりもまず上下の歯との噛み合わせを最優先して判断することになります。 小さな欠損から大きな欠損まで、さまざまな状態に対して数多くの治療方法がありますので、状況によって最適な方法を選ぶようにしていきます。 小さな欠損ですと、前歯と同様にコンポジット・レジンでの治療が可能ですが、噛み合わせの力が強くかかる咬合面や全体の五分続きを読む

歯が欠けてしまったらどうするの?その1

歯はとても丈夫で、身体の中で一番硬い組織です。 当然どんな骨よりも歯のほうが硬く、はるか昔の遺跡からは、骨よりも完全な形で歯が発掘されていることからもわかります。 しかし、そんな硬い歯でも、むし歯や噛み合わせの関係、さらに何らかの外的要因(事故・打撲など)で、歯の一部もしくは大部分が欠けてしまうこともあります。 歯が欠けることにより、痛みがおきたり、舌ざわりに違和感をもったり、噛み合わせがうまくいかなくなることがあります。 このかけた部分(欠損部)の部位と大きさによって、歯の治療方法はいろいろと続きを読む

このページの上へ