求人募集
  1. トップページ
  2. ブログ
  3. 歯科に関するQ&A(歯石・ホワイトニング)
訪問歯科

歯科に関するQ&A(歯石・ホワイトニング)

岸和田市の皆様へ やまもと歯科クリニックです。
今回は歯科に関する素朴な疑問についてご案内します。

Q、歯石がたまってしまった場合、どうしたらよいですか?

A、歯科医院に行って、歯石を除去してもらいましょう
虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)は、唾液や血液の成分でできており、約48時間で石のように硬い歯石になります。歯石になってしまうと通常の歯磨きでは除去することができなくなってしまいます。
また歯石の表面はざらざらとしており、歯石の上にさらにプラークがつきやすくなっています。これにより歯周病の原因菌を封じ込めてしまい、プラークと同じように歯周病の原因となるのです。
歯石は溜まれば溜まるほど除去に時間がかかってしまいます。歯石は放置せずに、定期的に歯科医院で完全に除去してもらうようにしましょう。
歯科医師と歯科衛生士のイラスト歯科医師や歯科衛生士は、目に見えている歯石はもちろん、ご自身では取ることのできないような歯ぐきの下にある頑固な歯石まで見つけ出しては除去してくれます。歯石の付着している量によって変わりますが、一回で取れない場合は通院して歯石を完全に除去しなければなりません。

歯石を作らないようにするための一番の方法は、歯石になる前のプラークを歯磨きでていねいに磨き、定着させないようにすることです。

Q、ホワイトニングの効果の期間は?手入れはどうすればいいですか?

A、個人差はありますが効果は半年~3年ほどです
ホワイトニングできれいになった歯はできるだけ長く保ちたいですよね。ですが、人は通常の生活を送っているだけでも、時間の経過とともに歯がくすんだり再着色したりして、徐々に黄ばんだり黒くなってきます。
ですがホワイトニングで白くなった歯は時間の経過や再着色があっても、100%元の色に戻ってしまうのではなく、30~70%ほどが戻ります。ですので再度ホワイトニングで白くすることは比較的容易です。
定期的なメンテナンスを行えば多少黄ばみやくすみがあったとしても1~2回で簡単に復元できます。

ホワイトニングが必要な歯ホワイトニングした白い歯を長持ちさせるための手入れは、やはり毎日の確実な歯磨きになります。

次回は小児歯科と口臭についての疑問にお答えいたします。

このページの上へ