求人募集
  1. トップページ
  2. ブログ
  3. 脳活動から噛み合わせの違和感を可視化。ODS患者の診断に技術を開発。
訪問歯科

脳活動から噛み合わせの違和感を可視化。ODS患者の診断に技術を開発。


噛み合わせ自体には医学的な問題がないにもかかわらず、心理的なストレスなどが原因で、噛み合わせに強い違和感をおぼえる「咬合違和感症候群」(ODS)。
ODS患者の口腔違和感は、原因となるストレスの解消によってのみ緩和され、歯科的な治療では症状が改善せず、かえって悪化することが多い。
一般的な歯科治療で改善する患者なのか、歯科治療を行ってはいけないODS患者なのか。これを定量的に判断する手法がこれまでありませんでした。

このページの上へ