求人募集
  1. トップページ
  2. ブログ
ブログ

お子さまの歯みがきについて(6~12歳ごろ)

前回は2~6歳頃のお子さまの歯みがきについてお伝えしました。 今回は6~12歳頃のお子さまの歯みがきについてご紹介いたします。 個人差はありますが、6歳になると乳歯の一番奥に第一大臼歯が生えはじめ、上下左右それぞれに第一大臼歯が生え揃うと、下の前歯から永久歯に生え変わってくるようになります。 6歳から8歳くらいのころは、どんどん乳歯から永久歯へ抜け替わっていき、だいたい12歳くらいには落ち着いてきて、第二大臼歯が生えて永久歯列が完成します。 生えたばかりの永久歯は歯の質が未成熟で、虫歯に対する抵続きを読む

お子さまの歯みがきについて(2~6歳ごろ)

前回は乳幼児期のお子さまの歯みがきについてお伝えしました。 今回は2~6歳頃のお子さまの歯みがきについてご紹介いたします。 2~3歳ごろになると自我が芽生え、何をするにしても反抗的になるなど、「歯みがきをしなくてはいけない」と理解はしていても、歯みがき習慣がなかったり歯みがきに対して痛かった体験があると、なかなか素直に歯みがきはしてくれず、仕上げ歯みがきも応じてくれません。 乳歯はいずれ永久歯に生え変わるから歯みがきも適当でもいいのではないかと思われるかもしれませんが、だからといって決してむし歯続きを読む

お子さまの歯みがきについて(乳幼児期)

前回はお子さまの歯みがきについての必要性についてお伝えしました。 今回は乳幼児期のお子さまの歯みがきについてご紹介いたします。 赤ちゃんは生まれてからだいたい4か月~8か月ぐらいにかけて最初の歯が顔を出してきます。 よってお子さまの歯みがきを始めるのは生後6か月~1歳までの間というのが一般には多いようですが、この頃の歯みがきは歯や口内をきれいに保つという意味が大きく、実はそれほど重要ではありません。 しかし歯が生えそろって食べるものが増えてきたとき、急に歯みがきを念入りにしようと始めてもうまくい続きを読む

お子さまの歯みがきについて

今日からお子さまの歯みがきに関して、数回に渡ってお伝えします。 お子さまの歯みがきにご両親が関わることはとても重要です 歯の健康は全身の健康と密接なつながりがあることは、今までにもお伝えしてきました。 同様に歯の健康と子供の成長も大変強くつながっております。 丈夫な歯で食べ物をしっかりと噛み、おいしく食べられる能力は一度失うと元のようには戻りません。 健康な歯は親が子に手渡せ、その子の健康を一生支えてくれる最大の贈り物ともいえます。 仕上げみがきはいつからいつまで? まず仕上げみがきとは「お子さ続きを読む

岸和田市の皆様へ 小児の口腔内ケア

いつからケアを? 赤ちゃんは歯が少しでも出てきた段階で、口腔内ケアをお勧めします。 逆にまだ歯が生えていない状態では、高齢者の異なり、口腔内の細菌数は少なく、うがいもできないため無理に行わないでください。 お子様の口腔内ケアにて、最初に心がけてほしい大事な事があります。歯ブラシを嫌いにならないように気を配っていただくことです。 方法としてはご両親が歯ブラシを使用している姿を見せ安心させます。その後、少しずつ小児の口腔内に使用していきます。一度に全てを磨こうとすると、不快感より歯ブラシを嫌いになる続きを読む

乳歯のむし歯予防

岸和田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は「乳歯のむし歯予防」についてご案内させて頂きます。 むし歯の予防 あかちゃんは生後6~9カ月頃から乳歯が萌え始めます。 3歳位までには20本の乳歯が萌え揃え、6才位から中学生にかけ乳歯から永久歯へと萌え替わります。 子どもは大人よりむし歯になり易く、成長とともに大きな変化が起こりますので、子どもの予防口腔ケアは、その特性を踏まえたうえでご両親の御対応がポイントになります。 乳歯の特徴 乳歯と永久歯を比較すると、歯の基本構造(つくり)は同じでも続きを読む

乳歯が萌え始めたら歯みがきの第一歩

岸和田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は「乳歯が萌え始めたら歯みがきの第一歩」についてご案内させて頂きます。 乳歯は8か月頃から萌え始め、3歳頃までに上下10本ずつが萌え揃います。むし歯の原因菌「ミュータンス菌」は、一般的に親など周囲の大人から子供のロに入り、萌えてきた歯に定着します。 乳歯が萌えたら、ハブラシに慣れるように工夫しながら、歯みがき習慣を始めましょうね。 萌え替わりをよく観察しましょう 一般的に、6歳くらいから永久歯への萌え替わりが始まり、6~7年かけて、親知らずを除続きを読む

乳歯が成長する過程 その2

岸和田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 「乳歯が成長する過程 その2」についてご案内させて頂きます。 乳歯が成長する過程 その2 乳歯は、1歳6~7カ月頃になると、4本の前歯と第一乳臼歯の間の空隙(くうげき)に先の尖った乳犬歯が生え始め、噛み切る能力がさらに高まります。 2歳3~5カ月頃になると上下あごに第二乳臼歯という大きな乳歯の奥歯が生え、乳歯が全部で20本生えそろい乳歯列形成され、未熟ながらも咀嚼運動は巧みになり3歳前には乳歯列は完了し、その後6歳頃まで大きな変化がなく成長し安定期続きを読む

乳歯が成長する過程 その1

岸和田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 「乳歯が成長する過程」についてご案内させて頂きます。 乳歯が成長する過程 その1 乳歯が萌え始める時期には個人差がありますが、ほとんどの場合、生後6ヶ月以降に下あごの真ん中に乳中切歯から萌えてきます。 ところが生まれたときにすでに萌えている歯を先天性歯(せんてんせいし※先天歯:せんてんし)と、あるいは 生後2ヶ月以内に 萌えてくる歯を新生児歯(しんせいじし)と呼んでいます。先天性歯・新生児歯の原因は明らかになっていません。 これについては別の機会に続きを読む

乳歯は20本そろって完成です

岸和田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 「乳歯」についてご案内させて頂きます。 乳歯は20本そろって完成です 赤ちゃんが生まれてから最初に萌える歯は下あごの前歯2本です。 この歯を乳中切歯(にゅうちゅうせっし)と呼んでいます。 だいたい生後6~8力月頃萌え始めるのが一般的です。 そして最後に上あごの奥歯(第二乳臼歯)がおよそ2歳半頃に萌え、乳歯は全部で20本そろって噛み合わせが完成します。 歯の萌える時期は個人差がありますので、少し位(2~3カ月)早く萌えても遅くてもあまり心配する必要は続きを読む

このページの上へ