求人募集
  1. トップページ
  2. ブログ
ブログ

歯が欠けてしまったらどうするの?その2

前回の記事では歯が欠けてしまう要因や、それに伴う影響と前歯が欠けた場合の治療についてご説明致しました。 今回はその続きになります。 臼歯の欠損 臼歯の歯冠部の欠損に関しては、審美性よりもまず上下の歯との噛み合わせを最優先して判断することになります。 小さな欠損から大きな欠損まで、さまざまな状態に対して数多くの治療方法がありますので、状況によって最適な方法を選ぶようにしていきます。 小さな欠損ですと、前歯と同様にコンポジット・レジンでの治療が可能ですが、噛み合わせの力が強くかかる咬合面や全体の五分続きを読む

歯が欠けてしまったらどうするの?その1

歯はとても丈夫で、身体の中で一番硬い組織です。 当然どんな骨よりも歯のほうが硬く、はるか昔の遺跡からは、骨よりも完全な形で歯が発掘されていることからもわかります。 しかし、そんな硬い歯でも、むし歯や噛み合わせの関係、さらに何らかの外的要因(事故・打撲など)で、歯の一部もしくは大部分が欠けてしまうこともあります。 歯が欠けることにより、痛みがおきたり、舌ざわりに違和感をもったり、噛み合わせがうまくいかなくなることがあります。 このかけた部分(欠損部)の部位と大きさによって、歯の治療方法はいろいろと続きを読む

ブリッジによる治療例

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は、「ブリッジによる治療例」についてご案内させて頂きます。 保険診療で行える治療では使える材料が決まっています。 ブリッジによる治療もクラウンと同じで、前歯は硬質レジン前装冠、奥歯は金銀パラジウム合金を使用します。 現在は金属のほうが高価なため、奥歯でも、チカラのかかる両端だけを金属にして、人工の歯の外から見える部分をレジンでつくることが一般的で、なくした歯が1本の場合、中心の歯は白、両側の歯は銀色で行います。   ブリッジの治療例 続きを読む

人工歯の種類

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は、「人工歯の種類」についてご案内させて頂きます。 一般的に人工の歯には下記の3種類があります。 ①ブリッジ ②入れ歯(※差し歯を含む) ③インプラント ブリッジは失った歯の両隣の歯を削り、その2本を橋脚にして連続した被せ物で橋をかける方法です。 入れ歯による治療では、歯をすべてなくした場合は「総入れ歯」ですが、それ以外は「部分入れ歯」が一般的な治療方法です。 ブリッジや入れ歯が適用できない場合はインプラントに人工歯を適用します。 インプラント続きを読む

このページの上へ