求人募集
  1. トップページ
  2. ブログ
ブログ

歯が欠けてしまったらどうするの?その2

前回の記事では歯が欠けてしまう要因や、それに伴う影響と前歯が欠けた場合の治療についてご説明致しました。 今回はその続きになります。 臼歯の欠損 臼歯の歯冠部の欠損に関しては、審美性よりもまず上下の歯との噛み合わせを最優先して判断することになります。 小さな欠損から大きな欠損まで、さまざまな状態に対して数多くの治療方法がありますので、状況によって最適な方法を選ぶようにしていきます。 小さな欠損ですと、前歯と同様にコンポジット・レジンでの治療が可能ですが、噛み合わせの力が強くかかる咬合面や全体の五分続きを読む

歯が欠けてしまったらどうするの?その1

歯はとても丈夫で、身体の中で一番硬い組織です。 当然どんな骨よりも歯のほうが硬く、はるか昔の遺跡からは、骨よりも完全な形で歯が発掘されていることからもわかります。 しかし、そんな硬い歯でも、むし歯や噛み合わせの関係、さらに何らかの外的要因(事故・打撲など)で、歯の一部もしくは大部分が欠けてしまうこともあります。 歯が欠けることにより、痛みがおきたり、舌ざわりに違和感をもったり、噛み合わせがうまくいかなくなることがあります。 このかけた部分(欠損部)の部位と大きさによって、歯の治療方法はいろいろと続きを読む

岸和田市の皆さまへ クラウンによる補綴(ほてつ)治療例

クラウンによる補綴(ほてつ)治療例 クラウンによる補綴(ほてつ)治療は、むし歯やケガなどで欠損した場合、歯茎の中にある歯根(根の部分)に、金属の芯を挿し込んで歯を造る治療です。むし歯になり、歯がボロボロになったと気がつくのは、この歯冠が無くなるからですが、歯根がしっかりしていればクラウンによる治療が可能です。   治療方法 歯には神経(歯髄:しずい)が通っていますが、むし歯が神経まで達してしまい、歯冠がボロボロになった場合はむし歯部分を削り取り、神経をとって薬でしっかり治療します。 歯続きを読む

コンポジットレジン修復(光CR充填)

比較的小さなむし歯、または神経まで感染していないような場合、たいていはこのコンポジットレジン修復(光CR充填)を行います。 近年、コンポジットレジン修復はメタルフリー、MI治療などの点からも重要性を増しています。 また、コンポジットレジン自体の機械的性質の向上に伴って、適応範囲も拡大してきています。 これに伴い、より大きな窩洞(むし歯を削った部位)、複雑な窩洞に用いられるようになってきた。コンポジットレジン修復の利点としては 1.即日修復が可能である。 2.歯牙切削量が最小限(MI)である。 3続きを読む

自分の歯で健康長寿

ある調査に因りますと、自分自身の歯を有しておられる方は、高齢者では転倒・骨折される方が少ないという報告があります。 言い換えれば、歯があることで頭を支える筋肉が衰えない・噛みしめることでバランスを保つことができるという事です。 ある介護施設で入れ歯が合わないという入所者の方がおられましたが、入れ歯を修理・新製させていただいたことで、歩行困難のところを介助があれば歩行できるようになられました。 入れ歯を使えるようになられたことで、機能回復がなされた事例で、いまでも鮮明に記憶しており、良い経験をさせ続きを読む

保険診療で治療(白い歯)ができます

この度、診療報酬改定によりCAD/CAM冠[白い歯)が保険診療に導入されました。 従来も白い歯(硬質レジン)での治療は可能でしたが、今回のCAD/CAM冠は平均粒径300nmのガラスフィラーに最適な表面処理を行いペースト中に均一に分散させるナノフィラーテクノロジーに加え高温高圧環境下でブロック化させたものです。 従来型硬質レジンに比べて、高い曲げ強さ約240Mpaと高く、粘り強く壊れにくい特性を実現可能にしました。 当院では、患者さまのお口の状態に合わせ、3メーカーのCAD/CAM冠用レジンブロ続きを読む

このページの上へ