求人募集
  1. トップページ
  2. ブログ
ブログ

歯科に関するQ&A(小児歯科・口臭)

岸和田市の皆様へ やまもと歯科クリニックです。 前回に引き続き、歯科に関する素朴な疑問についてご案内します。 Q、子供の歯にフッ素を塗っていたのに虫歯が出来ました。なぜですか? A、よく誤解されるのですが、フッ素だけでは虫歯を防ぐことができません 虫歯は「歯」、「細菌」、「食物」の3つの要素の存在により起こりますが、このいずれもの要素を完全になくすことは不可能です。ですが各々の要素について理解し、対応することで虫歯の予防につなげることができます。 『歯』 まず歯ですが、歯がなければもちろん虫歯に続きを読む

岸和田市の皆様へ 喫煙からの口内トラブルへの対策

今回で4回目となる喫煙に関するお話になります。 これまでの記事で紹介したいくつかの喫煙の影響に対して、具体的にどう対処すればいいかをご紹介しようと思います。 「歯ぐきへの影響」「ヤニ汚れ」「口腔がん」「口臭」 このいずれもが喫煙が原因で引き起こされている可能性の高いものばかりですね。これらを改善するには「禁煙」が一番です。 最近では喫煙者の数がぐっと減り、禁煙グッズや方法もたくさん増えてきています。当然、上記の症状の他にも健康によいことばかりなので禁煙のよいタイミングと思って始めてみるのが良いで続きを読む

岸和田市の皆様へ 口臭と口腔がんについて

前回は歯ぐきへの影響とヤニ汚れについてお伝えしました。 今回は喫煙が原因で起こる口臭と口腔がんについてお伝えします。 煙草は口臭を悪化させる原因に 煙草を吸うことで口臭がする確率は高くなると言われています。 ですが火をつける前の煙草のにおいを嗅いでみても臭いとはあまり感じませんよね。 ではなぜ煙草を吸った後の口はにおうのかと言いますと、以前お伝えした煙草の煙に含まれる有害物質であるタール、ニコチンが主な原因です。 タールはそれ自体が独特のにおいを発しており、これが舌や歯、歯垢、歯石などにも付着す続きを読む

岸和田市の皆様へ 喫煙で起こる口内トラブルについて

今回から喫煙で起こる口内トラブルに関して、数回に渡ってお伝えします。 まず、喫煙が体によくないことを知らない方は少ないと思います。 喫煙は肺がんや肺炎、心臓病、脳卒中を発症するリスクを高めることなどはよく知られていますね。 それと同様に、喫煙には口内の疾患と深く結びついていることをご存じの方は意外と少ないようです。 食生活や嗜好などが関係して発症する病気を生活習慣病と呼びますが、喫煙が関係して起こる生活習慣病の中にはがんや循環器疾患、呼吸器疾患などがあります。実はそれらの疾患と並んで歯周病や虫歯続きを読む

岸和田市の皆様へ 歯石による口臭は予防できます

今回は口臭の原因の一つである「歯石」について、普段からできる予防策をご案内いたします。 歯垢と歯石は何が違う? 何度かご案内いたしておりますか改めて「歯垢」と「歯石」の違いをおさらいいたします。 <歯垢> ●歯の表面に付着しプラークと呼ばれる、白くネバネバしたもの ●食べ物の残りカスではなく、その食べ物の残りカスをエサにして増殖した細菌の塊 <歯石> ●不十分な歯磨きなどで、磨き残した歯垢が、唾液中のカルシウムなどのミネラル成分と結びつき、再石灰化し、石のように固くなったもの ●歯垢と違い、歯磨続きを読む

口臭の原因別対策

○睡眠中など唾液減少によるもの 口のうるおいを保つようにしましょう。 口の中は唾液によって自浄作用が働いていますが、唾液が少なくなると口の中が渇き、粘膜の剥離したものがたまり細菌が増殖し口臭の原因になります。歯みがきや粘膜ケアを行い、こまめに水分を摂るなど、口のうるおいを保ちましょう。 ○歯周病やむし歯によるもの 歯科医院などで治療をする必要があります。 歯周病が原因で口臭が強くなることがあります。また、むし歯が重症のときにも口臭が発生します。歯みがきなどによるデンタルケアを行い、歯科医院で適切続きを読む

口臭の強さの変化と予防について

口臭の強さは1日の中でもさまざまに変化をします 生理的口臭は、生活リズムに対応して強くなったり、弱くなったりするもので、例えば、起床時や昼食前、夕食前など、唾液分泌が抑制される時間帯に口臭が強くなることが知られています。これは唾液分泌が減少し、細菌が増殖した状態になるからです。 他には空腹時やストレスなど緊張している時にも口臭は強くなる傾向があります。 口臭の予防 口臭の主な原因は口の中に有ります。 口臭予防としては、歯ブラシや歯ミガキ剤、歯間清掃ブラシデンタルフロス等を活用して、口の中を清潔に続きを読む

口臭の分類について

口臭は主に次の4つに分類されます ⦁生理的口臭 寝起きや空腹時、ストレスなどの生理的な理由や、加齢によっても発生するもの ⦁病的口臭 口の中や体の病気に由来するもの ⦁外因的口臭 ニンニクやネギなど二オイが強い食品を食べたり、喫煙したときに発生するもの ⦁心因性口臭 本人は口臭があると思い込んでいるけど、実際には認められないもの 生理的口臭や病的口臭では8割以上がロの中に原因があるといわれています。 例えば、口の中の食べかすやはがれた粘膜などのタンパク質を細菌が分解することで口臭が発生します。 続きを読む

口臭についてのお話その2

岸和田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は「口臭その2」についてご案内させて頂きます。 口臭は揮発性硫黄化合物(硫化水素)の発生が主な原因です。歯周病原菌は、硫化水素より悪臭の強いメチルメルカプタンを大量に産生します。ですから、歯周病は強烈な口臭があり、まわりの人から嫌がられますので注意され予防される必要があります。 OL を対象に「上司のみだしなみで最も気になる事」を調べた結果では、なんと9割以上が「口臭・体臭」を一番にあげています ※ヤンセンファーマ社調査、2006年より抜粋 口続きを読む

口臭についてのご案内です

岸和田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は「口臭」についてご案内させて頂きます。 口臭は主に次の4つに分類されます ①生理的口臭 寝起きや空腹時、ストレスなどの生理的な理由や、加齢によっても発生するもの ②病的口臭 口の中や体の病気に由来するもの ③外因的口臭 ニンニクやネギなど二オイが強い食品を食べたり、喫煙したときに発生するもの ④心因性口臭 本人は口臭があると思い込んでいるけど、実際には認められないもの 生理的口臭や病的口臭では8割以上がロの中に原因があるといわれています。 例続きを読む

このページの上へ