求人募集
  1. トップページ
  2. ブログ
ブログ

歯科用レーザー様々な治療に活躍しています

歯科用レーザーは種類によっても用途は異なりますが、主に次の様な治療に利用されています。 ■歯茎の切開・除去 インプラントの治療や、外科的手術などで、レーザーメスとして利用されています。 ■むし歯の診断 むも歯にレーザーを当てて、その反射から、むし歯がどの程度進んでいるかを数値で測定できる装置も開発されています。 ■むし歯治療 むし歯になった部分にレーザーを照射して、虫歯が蒸発して、さらに歯の表面が硬くなり虫歯になりにくい状態にすることが期待できる。特に初期虫歯には効果的です。 ドリルと遣い、むし続きを読む

歯科用レーザー治療の効果

歯科用レーザー治療の効果 ■殺菌効果 瞬間的な高温が細菌なども一瞬で蒸発させるため、虫歯や歯周病菌などの細菌が原因でおこる病気に効果が期待できます。 ■止血効果 レーザーが組織を瞬時に蒸発させるため、歯肉を切っても出血が起こりにくく、止血と殺菌効果が同時に得られます。さらに術後の痛みが出にくいなどの特徴があります。 ■麻酔効果 レーザーを照射すると、麻酔をしなくても治療できる範囲が増えることがあります。ただし一般的な注射麻酔ほどの強い麻酔効果ではありません。 ■歯の切削効果 少しだけであれば歯を続きを読む

歯科用レーザー治療 メリット&デメリット

メリット これまでむし歯の診断というと、探針で触診したり、X線(CT)写真を撮ったりして診断することがほとんどでしたが、最近では光をむし歯に当てて、透過した光をカメラで集め、その透過率などからむし歯の診断を行うシステム(ダイアグノカム)も登場しています。 これにより、X線被ばくや器具による歯質のダメージを受けずに診断することが可能になっていますが、現状では、X線撮影による診断のほうが精度は高く、痛みやストレスの少ない治療ができます。 従来のエアタービンによる歯科治療では、ドリルが回転する時に発す続きを読む

歯科用レーザーについて

岸和田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 今回は「歯科用レーザー」についてご案内させて頂きます。 歯科用レーザー レーザー治療とは、ある「単一の波長」からなるレーザー光線を照射することによって治療的効果を出す方法です。歯科医院で使用するレーザーには主に4種類があり、機器によってレーザーの性質が異なるため、治療できる範囲も異なります。 ■炭酸ガスレーザー 主に歯肉切開、口腔内殺菌や凝血など軟組織用レーザーとして用いられ、日本の歯科医院で最も多く普及し、水に吸収されやすい特性を持っていますので続きを読む

このページの上へ