求人募集
  1. トップページ
  2. ブログ
ブログ

子どもの不正咬合改善の対策

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 「子どもの不正咬合改善の対策」についてご案内させて頂きます。 不正咬合改善の対策 お子様の不正咬合の主な原因として遺伝、病気、癖、乳歯のむし歯、乳歯の早期喪失などが考えられます。 不正咬合は健全な成長や発育を妨げます。また、身体全体の健康をそこねたり精神面においても悪い影響を及ぼすこともあります。 成人してきれいな歯並びで良い咬み合わせでいられるためには早い時期からの「小児矯正治療」の対策をお奨めします。 叢生(そうせい) 体を使う遊びさせることや続きを読む

子どもの矯正治療のメリット・デメリット

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 「子どもの矯正治療のメリット・デメリット」についてご案内させて頂きます。 子どもの矯正治療のメリット・デメリット 乳幼児での矯正は歯が生え始める乳歯列期(乳歯が生え揃ってから永久歯が生え始めるまでの期間:概ね6歳ぐらい)が対象とします。 ここでは予防的な矯正治療の一環として行ないます。 この時期に適切な処置や治療を行うことで、不正咬合や虫歯の発生を抑制することが目的です。 乳歯列期間においても特に重篤な症例に対しては徐々に治療を開始する必要がある場続きを読む

小児矯正歯科とは

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 「小児矯正歯科」についてご案内させて頂きます。 小児矯正歯科とは お子さまの綺麗な歯並びはご両親にとっても願うところですよね。 これはご両親さまの毎日の取り組みが大切が非常に重要です。 今回は、ご両親さまに小児矯正歯科についてご案内させて頂きます。 歯並びが良くなる子育ての秘訣や不正咬合と子どもさんの生活タイプを理解して、お子様に綺麗な歯並びを与えてことが可能です。 赤ちゃんは、生後6ヶ月頃から下の歯の前歯から生え始め、2歳半から3歳頃までに、上下続きを読む

矯正歯科のページを更新しました。

久米田の皆さま、こんにちは! 院長の山本です。 矯正歯科のページを更新しましたのでご案内させて頂きます。   矯正治療による目的メリット 治療の流れ 1.相談・カウンセリング 2.検査 3.抜歯・虫歯治療 4.装置の装着 5.定期検診 6.保定装置の装着 7.治療終了 矯正装置の種類 ・メタルブラケット ・セラミックブラケット ・舌側矯正 ・アンカースクリュー ・マウスピース法 等をご案内しています。 詳しくは、こちらからご覧下さいませ ⇒ 院長 山本隆晴

矯正治療のメリットと不正咬合の種類

歯は力を加えられた方向に移動する性質があります。 歯に矯正装置を装着し一定の力を持続的にかけて少しずつ動かし不正咬合を治すのが歯列矯正です。 矯正治療のメリット むし歯や歯周病にかかりにくくなります バランスのとれた顔立ちになります 人前で笑えるようになりコンプレックスを解消する事が出来きます 発音が明瞭になります 噛み合せが良くなり、顎の痛みや肩こり、頭痛、めまいなどが緩和します 治療の対象となる不正咬合の種類   叢生 (そうせい) 歯がねじれたり、重なり合ったりして歯並びがデコボ続きを読む

舌の位置は、歯並びに悪影響をおよぼします

食事をするとき、飲み物を飲むとき、おしゃべりする時、舌は毎日機能しています。 しかし、自分自身で舌の動きを意識されている方は少ないと思います。 舌には、きちんと収まる位置があります。 そこの位置は、くちびるを軽く閉じ・奥歯で噛みあわせないでリラックスしたとき、舌先が上の前歯の裏側根本近くの膨らみ部分にわずかに触れる位置です。 その位置でなければ、歯並びに悪い影響出る場合や、発音・食事時の変な音(クチャクチャ音)になります。 一度、皆様ご確認していただければと思います。 不明な点は、やまもと歯科ク続きを読む

小児矯正を始める時期はいつ?

昨今、保護者の方々の歯科に対する関心事は、むし歯や歯肉炎だけでなく、歯列咬合・顎関節 つまり、咬み合わせなどの状態がお子様の成長や生活にどう影響を与えるが、問題であると思われます。 やまもと歯科クリニックや日本歯科矯正医会では特に7~9歳くらいの小学校低学年のお子様の歯と口の健康について注意をお願いいたしております。 具体的には、前歯の咬み合わせに注意しております。 ①永久歯が8本くらいそろったときの状態をご覧いただき反対の咬み合わせになっていないか? ②1本だけとびだしていないか? ③隙間があ続きを読む

このページの上へ