求人募集
  1. トップページ
  2. ブログ
ブログ

お子さまの歯みがきについて(6~12歳ごろ)

前回は2~6歳頃のお子さまの歯みがきについてお伝えしました。 今回は6~12歳頃のお子さまの歯みがきについてご紹介いたします。 個人差はありますが、6歳になると乳歯の一番奥に第一大臼歯が生えはじめ、上下左右それぞれに第一大臼歯が生え揃うと、下の前歯から永久歯に生え変わってくるようになります。 6歳から8歳くらいのころは、どんどん乳歯から永久歯へ抜け替わっていき、だいたい12歳くらいには落ち着いてきて、第二大臼歯が生えて永久歯列が完成します。 生えたばかりの永久歯は歯の質が未成熟で、虫歯に対する抵続きを読む

お子さまの歯みがきについて(2~6歳ごろ)

前回は乳幼児期のお子さまの歯みがきについてお伝えしました。 今回は2~6歳頃のお子さまの歯みがきについてご紹介いたします。 2~3歳ごろになると自我が芽生え、何をするにしても反抗的になるなど、「歯みがきをしなくてはいけない」と理解はしていても、歯みがき習慣がなかったり歯みがきに対して痛かった体験があると、なかなか素直に歯みがきはしてくれず、仕上げ歯みがきも応じてくれません。 乳歯はいずれ永久歯に生え変わるから歯みがきも適当でもいいのではないかと思われるかもしれませんが、だからといって決してむし歯続きを読む

お子さまの歯みがきについて

今日からお子さまの歯みがきに関して、数回に渡ってお伝えします。 お子さまの歯みがきにご両親が関わることはとても重要です 歯の健康は全身の健康と密接なつながりがあることは、今までにもお伝えしてきました。 同様に歯の健康と子供の成長も大変強くつながっております。 丈夫な歯で食べ物をしっかりと噛み、おいしく食べられる能力は一度失うと元のようには戻りません。 健康な歯は親が子に手渡せ、その子の健康を一生支えてくれる最大の贈り物ともいえます。 仕上げみがきはいつからいつまで? まず仕上げみがきとは「お子さ続きを読む

思春期には、永久歯が萌え揃いま

むし歯や歯肉炎が増加する傾向に 永久歯が萌え揃うのは中学生になる前後です。保護者の目が届かなくなり、口の中の環境が悪化しやすくなり、むし歯や歯肉炎にかかられるお子様たちも多くなりがちです。生活リズムや食生活の変化を保護者がしっかり見守りながら、ときには注意するなど、自分自身でロの中が管理できるように促す必要があります! 親知らずが生えてきたら歯科医院で診断を 親知らずは一般的に18~20歳くらいのとき、上下の奥歯12歳臼歯の後ろに萌えてきます。ただし、何歳になっても萌えなかったり、1本だけ萌える続きを読む

永久歯は萌え変わらない

永久歯は萌え変わらない 人間の髪の毛や爪は、皮膚と同じ「ケラチン」というタンパク質の一種で出来ています。このケラチンは内側で細胞分裂を繰り返しながら、常に再生しています。 しかし、人間の歯はそうは出来ておらず、何度も再生することができません。 歯は一生使うため、歯根と歯槽骨の間に「歯根膜」があり、硬い物を噛んだ衝撃や噛み合せの圧力から歯を守っています。永久歯は萌え変わりが有りませんので少しでも長持ちするようにつくられているのです。 永久歯(臓器)は一生使う歯 歯はきちんとお手入れしていれば、一生続きを読む

このページの上へ