歯周病科


歯周病とは?

歯周病は、自覚症状やあまり痛みが無いうちに症状が進行していきます。世界中の成人の80%が何らかの歯周病といわれています。ギネスブックにも登録されている病気です。

歯周病は、歯垢によって歯を支える歯茎に炎症がおき、歯茎が腫れたり歯がぐらぐらしてくる病気です。歯を支える土台の部分ですので、歯を悪くさせない為にも、歯周病の治療は必要不可欠だといえます。
また、治療には時間がかかります。 治療は数回で終わることもあれば、数年近くかかることもあります。なので、治療と同時に、毎日の患者様ご本人の歯の手入れも重要となります。歯科医院からも正しいブラッシング方法を学び、ご自身が毎日歯の周りの丁寧なブラッシングが必要です。
最近では、歯周病は生活習慣病とも言われ、糖尿病の第6の合併症であるとされ、逆にひどい歯周病により歯周組織から入ったばい菌やその成分は予想以上に動脈硬化症や糖尿病などにも影響をしているかもしれないという報告が増えてきました。

歯・口のためだけでなくからだ全体の健康のためにも日々のケアを忘れずにお願いします。

歯周病の進行過程

※日本臨床歯周病学会(http://www.jacp.net/perio/about/)より出典

健康な歯肉

健康な歯肉

薄いピンク色の歯肉。
歯と歯の間に歯肉が入り込んで弾力がある。
歯肉が引き締まっている。
ブラッシングでは出血しない。

歯肉炎

歯肉炎

赤色の歯肉。
歯と歯の間の歯肉が丸みを帯び膨らんでいる。
ブラッシングで出血する。
腫れた歯と歯肉との間に歯垢が溜まり悪化する。

歯周炎

歯周炎

赤紫色歯肉。
歯と接している歯肉が更に腫れる。
ブラッシングで出血や膿がでる。
歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まる。
歯肉が退縮して歯が長く見える。
歯周ポケットが深くなり骨(歯槽骨)が溶ける。

 

歯周病検診

いつまでも健康な歯でおいしく食事が食べられることは、人生の楽しみのひとつです。
生涯自分の歯で噛めるようにするために、若いうちから歯周疾患や虫歯にならないように心がけましょう。

当院では定期的な歯周病検診を行っております。

検診内容

 

  1. 虫歯やかみ合わせのチェック
  2. 歯周ポケットの測定
  3. 歯石や歯垢の除去
  4. ブラッシング指導

 

歯周病レーザー治療

raser.png 歯科分野での医療レーザーの利用は「歯周病」、「歯のホワイトニング」、「進行阻止」「口内炎の治療」、「歯ぐきのメラニン色素除去」などに行われています。
特に、歯周病治療は「革命」とさえ言われ、これまでは治療に長い時間がかかり、なかなか治りにくいと言われていた歯周病ですが、医療レーザーを用いると短期間で確実な治療効果が得られるようになりました。

 

 

レーザー治療のメリット


痛みが少なく、安全で、再発する可能性が低い治療です

  1. 痛みが少ない
  2. 出血がほとんどなく、治療しやすい
  3. 治療しにくい歯周ポケット内の治療が可能
  4. 傷んだ歯茎の回復が早い
  5. 歯石が再付着しにくい
 

レーザー治療によるリスク

 
治療後のケアを怠ると再発する可能性はあります

レーザー治療では再発率が少ないといっても、何もケアをしなければまた再発することになります。日頃のブラッシングで、プラーク(歯垢)の除去を心がけましょう。
そのほか、レーザー治療(照射)によるリスクはありません。